どうして、落ち着きがないの・・・・

扁桃腺みて。。
たったこれだけしか、口で呼吸しても
吸えないんだよ・・・

お母さん
よく、口の中覗いてあげて

人間が、
赤ちゃん呼吸(他の動物と同じように、生後三ヶ月までは、鼻からは、気道に空気が入り、口からは、食道におっぱいが入るというシステム。)

成人呼吸と言われる
言葉が喋れる呼吸に変わるトキ(生後3ヶ月から)までに

から、姿勢が悪いと
誤嚥をしてしまうことになります。
つまり、生後三ヶ月までの赤ちゃんにできることが
その後にはできないことになります。

本来は、成人の呼吸は、鼻呼吸です。
他の動物ももちろん鼻呼吸ですが

鼻から入った空気は、食べ物と交わることも無く
肺にはいります。
口から入った食べ物は、肺に入るという誤嚥を起こすことはなく
食道に入り胃にはいります。

でも、成人は、この呼吸と嚥下が交わる大きな場所があります。

食べ物、飲み物は
鼻からの呼吸を止めて、
食道に入るように

たった0.1秒程度で、
仕組みを変えて
飲み込みができるように
気道を防ぎます。

どうして、このような複雑な機能を人間が作り出したかは
他の動物が
【うーーー】とか【あーーー】とか
言語にならない、唸り声で
会話をするのに対して
複雑な動きを言葉で表せることができるように
気道と、食道が結びつく
場所を作り上げ
微妙な音を作り出す機能を完成させたのが人間なのです。
これを成人嚥下、成人呼吸と言って
赤ちゃん嚥下と分類します。

扁桃が腫れるということは
動物にとって、気道と、食道が半分程度になってしまっている
という機能と同じなのです。

そして、その言葉によって
人間は、心の問題、機能の問題までを起こしているのです。

歯並びの成長は、この呼吸と嚥下に関わる
頬粘膜、舌という
口腔内ボリュームを作り上げる
機構の成長によって作り出されるのです。

子どもたちが、扁桃が腫れている
ギャーギャー声
しゃがれ声
キンキン声
ガーガー声という
口呼吸に由来する
誤嚥の状態が作り出す言葉は、

子どもたちが呼吸がしにくいのですから
当然な様に、同じ姿勢をとっていると
動いて、気道を開こうとします。

成人が、赤ちゃんの様に
おっぱいを口いっぱいに含んで
鼻で呼吸しようとすると
同時に呼吸と嚥下ができないために
鼻で呼吸しようとすると
吐き出すという行為になるのです。

呼吸がしにくく、飲み込みもしにくいのが
この扁桃が腫れていて
気道の確保がしにくいという問題を生じます。

子どもたちが扁桃が腫れているのは
呼吸と飲み込みがしにくい状態
つまり誤嚥をし易い状態の姿勢をとっている
ことを意味します。

呼吸がしにくいのですから
落ち着きが無いのは当然です。
つらいんですから。。

 

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?