産婦人科の先生も、逆子が数日で、よくなったという、かわべ式座り方

座り方だけでも、腰痛を起こすこともなく、
逆子も多くの方が、未来歯科で習った方は、数日で
逆子も治り、びっくりですと
この座り方を指導した産婦人科の先生も
たった2日で、逆子が治り
正常分娩で生まれましたと。。
コメントをいただきました。

姿勢咬合は、体の体液循環を考えて座っていただきます。
妊婦だけでなく
子どもたちにもしっかりと覚えていただきたい
そして、子どもたちの椅子の選び方
学校での教育現場での
先生方の座り方
そして、仕事の現場でも

今中高生の多くが腰痛のために
整体院に通っている現実
座ることで、腰痛は起こります。
悪い姿勢から立ち上がると
腰痛になります。

立ったり座ったり
正しい姿勢を覚えことは
内臓機能を整え
脳の働きもよくします。
つまり学校でつまらない先生の話を聞いていても
寝ないということです。

ただ、どんなに良い姿勢でも
同じ姿勢をできるだけ15分以内
悪い姿勢なら、数分で
立ったり座ったりしてください。

座り病にならないために・・

 

 

 

 

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?