生後三ヶ月までの呼吸は、大人の呼吸とは違う かわべ式抱き方教室の意味

川邉が行っている抱き方教室の全ては
呼吸と嚥下の機能の成長に
ゼロ歳から、マイナス一歳からの親と子の
教育の必要性を説いている

赤ちゃんのヒミツというビデオ
NHKでも取り上げられたそうだ

未来歯科でもお話している
私の子どもたち(ふたりとも30代)に
してきた、呼吸の教育が間違っていなかった
ということを立証してくれた

息子が生まれた時も
娘が生まれた時も。。
家に帰って生後一ヶ月位で
私がぬるい風呂に入れた時に。。

私は、
最初水を顔にかけながら
自分が、泳ぎが下手(水を怖がる)ことから
この子どもたちには。。と思い
ある話を思い出し
子どもたちは生後三ヶ月までは
水を怖がらない反射機能を持っていると。。

徐々に数十秒だが
一緒に潜ってみた。。
すると。。泳ぐ。。

数回のことだが。。
子どもたちは
ふたりとも水を怖がらず
一歳半くらいで
息子も、娘も泳いでいる

生後三ヶ月くらいまでは
口腔内に弁が2つあり呼吸と、飲み込みの姿勢が
どんな姿勢でも、おっぱいが飲めるようになっている

 

 子どもたちの能力は無限だが、その能力は原始反射の消失とともに、痛みから逃れて楽をする反射へと変わる

この角度での授乳と捕食の姿勢が正しいが

スクリーンショット 2016-05-26 7.27.56

スクリーンショット 2016-05-26 7.30.15

多くの親たちは、この顎を上げても頸を潰しての
角度でも、生後三ヶ月までは、おっぱいを飲んでも
中耳炎にもならないし、
ご機嫌でおっぱいを飲んでいるから。。
親が楽になる姿勢で
おっぱいを与える

スクリーンショット 2016-05-26 7.36.18

生後三ヶ月までに捕食の姿勢でおっぱいを与え
尾骨から、頭蓋までの脊柱を保護する抱き方を
させないと、
三ヶ月近くから、呼吸の問題と、嚥下の問題の疾患に陥りやすくなる
つまり、アトピー、喘息などの疾患はこのころから始まる
呼吸と嚥下の異常による問題を
多くは、症状だけで捉えている
医療の問題がある

予防歯科医療は
マイナス一歳から
受胎する以前から
口腔内の細菌のコントロールと
お母さんになる女性の
姿勢による呼吸と嚥下の問題を
説くことから始まる

成長の全て
老化の全てに対して
口腔の管理と、
呼吸と嚥下の姿勢の教育は
これからの未来の医療として
世界すら救う最も大きな教育となると
実感する

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?