子どもたちには、フッ素入り歯磨剤よりも、もっと怖い栄養ドリンク

未来歯科は、基本的に子どもたちの
呼吸と、嚥下、そして親子の姿勢教育て゜
そして食べ物、飲み物で
フッ素に対しての知識のある方で
親子で虫歯の治療が一本も無い子どもたちに対しては
絶対にフッ素製剤は勧めない。

ただ、治療の必要性がある場合には
歯科治療では様々な物質を使うから
大きくその問題は違ってくる

フッ素という言葉を
勘違いしている親が多い

問えば食塩 塩化ナトリウム
のナトリウムも塩素も基本的には毒物

どんな元素も単独に抽出される
と毒物になることが多いから
体に良いと言われ続けてきたものも
最近では、問題を起こしていることはたしか

薬も、飲んでいません

甘いものも与えていません。。

ちゃんと食事も
大きな食べ物食べてしっかり噛ませています。

発音もしっかり
話していない時は
口元も閉じています。

歯ブラシもちゃんとして
仕上げ磨きもしてあげています。

どうして虫歯になったのでしょう

それも、黒い虫歯ではなく
発見しにくい白い虫歯。。

通常は糖質入りの乳酸菌飲料
昔、私のご友の頃はヤクルト病と言われた
乳酸菌飲料に糖質が入っているもの

それも、飲んでいない。。

そしてわかったのが
なんと体に良いと
言われた市販のモノでない
いわゆる健康食品の
栄養ドリンク。。。

内容を観てみると
なんと、ショ糖とは書かれていませんが

豚由来コラーゲンペプチド(ゼラチン)、エリスリトール、果糖ぶどう糖液糖、希少糖含有シロップ、ヒアルロン酸含有鶏冠抽出物、・・・・・・・・・・・・・
酸味料、ビタミンC、香料、 保存料(安息香酸Na)、乳化剤、ナイアシン、カラメル色素、甘味料(スクラロース)、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸、(原材料の一部に大豆、乳を含む)

これって、糖質の塊。。。
そして酸味料。。
化学物質で栄養を取ろうなんて・・
寝たきり作っているようなもの
食らいつくもの与えてほしいな。。

大人でも、栄養ドリンクは
体に良くないことは知っている

日本は先進国がほとんど
上水道フッ素化とか、自然水が飲めるようにして
歯を守っているのに

無防備で
糖質を与えるなんて。。
・・・

脳が必要な一日の糖は
角砂糖一個分。。
あとは、エネルギーとして使えないと
体に対しては、問題物質となる・・
たまにというこことならまだ問題は少ないが
毎日三回から五回飲ませていたとなると
子どもたちの異変は、
未来にまで拡大される

子供は大人のちっちゃなものではないんです。

子供には、
水と、薄いお茶以外は
気をつけて・・・と言っていたのに

スポーツドリンクでもない。。

その虫歯が。。全部の歯の間にできる
白い虫歯。。
進行が早いものは
黒化しないで
無防備な状態で虫歯になる
白い虫歯。。
よほど赤染めでもしないと見えない

歯の間だから
フロスの必要性は必須
そして、飲み物で、栄養は取れない
特にデンプン糖質は分解酵素が
唾液と、膵液にしかない
アミラーゼ

かまないで胃に入ると
胃では消化せずに
十二指腸で消化しようとする

ブドウ糖は、即、数分で、
細菌の繁殖を起こす

それぞれの役目があるのが体の構造
消化酵素もその内臓の状態で変わってくる

胃酸で消化されると思ったら
あれあれ
タンパク質だけ。。
だから胃酸はpH2.7くらいで塩酸に近い状態の酸

口の中は、どろどろになるまで噛んで始めて
栄養になる食べ物が必要。。
その酵素しか無い

学校で習ったこと
おそらく社会には行かされていない

通常の体に良いと言われる歯磨き剤ですら
有害物質が少ないだけで
実際には、自然界で。単純な操作で
食べ物として存在するもの以外は
体に良いものとは言えない

過去にも今もあるサブリメント。。
基本的には、現代人に足りないものを補充するということだが
サブリメントだけでは、活きられないし
頼っている人は、傍から見ると
人間性も関わってくることが多い

サブリメント、健康食品は
薬ではないし、薬以上に体に良いわけでもない
認定とか言われる言葉に騙されていることも確か

情報と、ものの多い時代に
選ぶのは私達消費者で
このようなもので
問題がおこってもその問題は
消費者自身が責任を負うしか無い

日本でもそろそろ
日本のすべての川の水を綺麗に
美しい日本を取り戻し
水のありがたさを未来に伝えたい。。

今、世界の子どもたちの中で
日本の子どもたちの危なさは
極限に来ていると言われます。

未来を守りたいですね。

*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;
フッ素入りの歯磨き剤などのフッ素での予防は
今や、天然の川の水が飲めるところでは必要ないと言われる

天然水に含まれる微量元素がフッ素
無農薬の野菜を食べていれば
自然と摂取される

フッ素は生え始めから
6ヶ月続けると天然水に含まれる程度の微量で
歯の質を強化する働きがあるが
生えてから6ヶ月以上たつと効果は殆ど見られなくなる

だから、歯が生えてからは
唾液の状態の免疫力を向上させる方法しかない

そんな知識を持っていると
生えはじめ以外には効果が無いもので
本来は、川の水が子どもたちが飲んでも良い
水にすることが必要。。
川の水に工業用水、家庭の排水などを流さないようにするシステムを
作り上げ、国民の力で、川を綺麗にした
スウェーデンは、川が国民を守り、国民が川を守るというシステムを作った
50年という遠大な時間とお金をかけて。。

日本は、温暖化による
水の枯渇に対して
国は全く手付かずの状態
水資源は、諸外国に買われていることも確か・・

*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?