この子は、今まで治療の為に通ったのではなく、歯を無くすために通ったのです。

この子は、虫歯が多くて。。
一ヶ月に一度は
ずっと歯医者さんに通って
治療を受けてきましたと。。。
お母さん・・

これは治療ではなく、
破壊へのパズルか、拷問です。

まだ、六歳です。
何も、問題の解決をしてこなかったのです。
保険制度という、保険証を出したら
病人というレッテルを貼られて
治療に明け暮れてきたのです。

たった二週間で、歯ブラシの意味を教えてあげれば
勉強したというのと、勉強ができると違うように

生活習慣を変えるだけで
バイキン一杯の生活からオサラバ

虫歯も進行が遅くなったようです。
痛かった歯も、痛くなく鳴ったと
削ったり、貼ったりの治療は一切していません・・

問題は、歯がくっついていて
六歳の成長と発育を獲得していない。。
この問題の解決に、取り組むことです。

呼吸と、飲み込みのトレーニングで
同じ歯ブラシの時間でも、全く違う結果を招くのが
子供。。成長があるから早い早い

子供たちも親にもに教育として
口腔のこと、教えてあげたいな

歯磨き粉でも、歯ブラシでもそんなもの予防じゃない
プロから指導を受けて
生活習慣の問題を解決していくことです。

SNSで最新情報をチェック