たった、5分と、10分のセミナーでの実習ですが。。こんなに白くなります。

Ken`sホワイトニングセミナー
写真は、たった5分と、10分だけしか行わなかったのですが
充分に実際には白さを感じ、しみないで、しかも歯がツルツル

この程度になるには、
通常のホワイトニングでしたら、45分以上の時間を有してだと思いますが
ホワイトニングでは、15分でも顎が痛くなる人が居ますから
ホワイトニングの一回の時間は、15分以内、顎を休めてから
次のホワイトニングを行うという方法が今後は、主流になると思います。

Ken`sホワイトニングセミナー、今日も行われました。
全員が、知識と、実際を体験するセミナーですが
進化しながら、平成8年から始まっているのです。

現在は、チェアー3台、最大12名までの
マンツーマンでの、実践セミナーですから
未来歯科でしか行っていませんが

ホワイトニングのPROを育てるセミナーです。
ホワイトニングはライトも、薬剤も、常に進化しています

先端のホワイトニングが変われば、
Ken`sホワイトニングセミナーは、それ以上を目指す
そんな、PROの養成のためのセミナーがKen`sホワイトニングセミナーです。

医療として行うホワイトニングは、
歯科医師の免許がなければ
出来ないホワイトニングであるべきです

家庭や、エステでできるホワイトニングではなく
PROが行うホワイトニングとしての実績と経験に基づく
ホワイトニングが要求されます。

単なる方法論ではなく
理論と、実際に体験、そして薬剤の知識、保管、廃棄まで含めての
セミナーであるべきです。

ホワイトニングは、過去の常識の
しみる、歯質を荒らすというイメージのホワイトニングは、
すでに、現在のホワイトニングではほとんどありません。
これは、すでに論文でも発表されています。
一部で、しみない、歯質強化、白くなるとうたっていますが
この文句は、すでに平成8年にKen`sホワイトニング
で完成しています。

この問題は過酸化水素を扱うホワイトニングには
よほどのことが無い限り、現在のホワイトニングでは当然な
謳い文句ですので、あまり問題にされることは無いのです。
もし、しみてしょうがない、鎮痛剤を飲まないとホワイトニングできないというような
ホワイトニングがあったら、おそらく過去のホワイトニング方法と言えます。

ホワイトニングでの最新のホワイトニング方法では、
実際には、ほとんど優劣は無いといった方が、過言ではない
と。。言われるようになってきました。

ホワイトニングを行う上で
知識をもって今、ホワイトニングで何をしているのか
何を目標として、何をなすべきか

100%安全というホワイトニングが無いことは確かですが
その問題は、
方法、知識で、術前に多くの事は、診断がつきます。
経験は、多くの問題の解決によって成り立ちます。
経験に基づいた、ホワイトニングは、その調合、
そして、様々な問題に対しての対処法も教えてくれるのです。

今回の、Ken`sホワイトニング実習

IMG_1783セミナー受講の素晴らしい先生方です。
皆様、Ken`sホワイトニングを楽しんでくださるメンバーです。

実習風景です。もう、来年で、始まって20年になります。

単独のセミナーになって10年になります。

スクリーンショット 2015-12-14 1.00.39

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?