反対咬合は、5歳までに気がついて  歯科医療は口腔ボリュームの改善が全てです 【29】

全部が上下が逆の噛み合わせの反対咬合
つい最近の子供さん。

以前にも出しましたが
二歳までに気がつけば。。本当に数日で改善される子供も多いのですが

4歳になると早期の対策が必要です。

この子供さんは、7歳、
自然矯正から少し遅れ始めています。

そして。上下の歯が、食いしばりで、内方に傾斜しています。
この症例に対して、最初は、嚥下のトレーニングで
テープでの鼻での呼吸のトレーニング
姿勢のトレーニング、嚥下のトレーニングを毎回親のトレーニングとともにチェック
K1で嚥下のトレーニング、次に上顎拡大、同時にK1Mを一日1時間以上、リップトレーナー併用、
毎回テープで鼻での呼吸3ヶ月で、拡大終了、次に上顎前方拡大もしくは状態に合わせてプレオルソ
半年で、見直し、一年で改善

今の反対咬合は、上下顎の成長不良
生活習慣でも発音で歯が当たらないように指導
これが大変。。
舌の口腔内、マッサージも必要になってきます。

身体を丸める体操が出来ませんから、顎が出てきます。
少なくとも三歳で身体丸めて伸ばす体操
(以前マキノ出版からだした身長伸ばしダイエットに載せましたが)
で、脊柱の形状を良くすることで
呼吸が楽になります。
呼吸が浅いために、どうしても落ち着きが無いのです。

という具合に、年令によって、状態によってかなりの器材が必要な事も
トレーニングも多くなってきます。

ゼロ歳から来ている子供さんは楽ですが。。

 

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?