デッキブラシのような歯ブラシで、汚れをとっていませんか。

歯ブラシの好きな子供ほど
虫歯になりやすい・・・

子ども用の歯ブラシ
毛先が短くて
デッキブラシのようなものがほとんどです。

お母さんたちが、考えものの、
歯ブラシに対しての概念ですが
未来歯科では、様々な器具と、方法で
唾液の力を上げて、唇を閉じて、しっかり噛んで
舌もしっかり動く食べ方、日常の唇と舌のトレーニング
などで、相対的に歯ブラシのあり方を指導しています。

歯並びの状態、食べ方、食べ物の種類などに
よっても、歯ブラシの時間も方法も、口の中をきれいにする器具も違います。

歯ブラシ変えたからとか、歯磨き剤変えたからで
虫歯の予防とか、歯周病の予防はできません。

ここで、歯ブラシについて
未来歯科から発信している方法の
一つのヒントを紹介します。

歯ブラシで、歯の汚れが取れた状態で
綿棒を使って、歯の表面と裏面を
小さな円を描くようにして
軽く何度もこすってください。

綿棒にうっすらと黄色みを帯びた色が
ついたり、ひの色が白くなるようだったら
歯ブラシはほとんどできていなかったと理解してください。

最近、黒い綿棒もありますので、白いものがつけば
プラークつまり、バイキンのコロニーができていることになります。、

歯ブラシ子供さんにさせておいても
細菌は、ほとんど取れていないことを
確認してみてください、

他にも、フロス、歯ブラシの状態もすごく大切なことです。
ぶくぶくできるようになったら
赤染めで、数回、歯ブラシで取れたと思ったら、また赤染めする
という方法で、目でバイキンを確認する習慣をつけ
そのバイキンの量がだんだん少なくなり、ほとんど赤染めが
つかない状態になったら
生活環境が整ってきたことになります。

子供さんでは口腔内のバイキンは、とれないので
親が確実に。毎日、綿棒で、観て上げる必要があります。

親が歯ブラシしようとすると
指を噛まれてしまうこともありますので
子供の固定の仕方、歯ブラシの方法
器具などは、歯科医院で、必ず教えてもらってください。

SNSで最新情報をチェック