寝ているときに、口を開いてしまいます。反射を使います。【かわべ式姿勢咬合】

生後直ぐ化はじめてほしい
原始反射を使った
子育て
生後一ヶ月までは、
赤ちゃんは、産道通過のために
骨の数も300を超えると言われます。
その数が、たった一ヶ月程度で200くらいまでに減ります。
この間に呼吸と嚥下の姿勢を教えることは
原始反射を使った方法以外には無いのです。


すべての問題の原因は、
受胎から、生後一ヶ月で決まっています。
つまりお母さんの、妊娠したあとの姿勢、行動などのしっかりと
動いてもらうことで、ストレスをなくすることが、
その後の生後の問題に最も大きく影響を与えるということです。
そのために、受胎前からのこれからの教育はすごく大事な教育であり
最もその部分に教育の費用のすべてをかけたほうが良いという
考え方も海外では、行われ始めています。
成長は、できることが増えると発達、
できないことが増えると、不全と言います。
親が全部してしまった子どもたちは
可愛そうな人生を送ることになります。

口ポカンは、原始反射が前頭前野に統合されない状態を言います。
つまり、唇が閉じなかったり、固形物を噛んで
飲み込みができない
子どもたちは、原始反射が残っている
という状態です。

生後すぐなら

寝ているときに
枕も調整が必要ですが
原始反射を使って
下唇に触れて、
舌をペロペロ出し始めたら
口の中を触れて、
次に唇に触れていきます。
ちゃんと唇を閉じれる姿勢まで
作るのです。

呼吸で鼻を高くできるのは
たった生後一ヶ月までなのです。
この知識と行動を世界中に伝えたいのです。
未来の子どもたちの
呼吸のために。

SNSで最新情報をチェック