矯正を行う上で知っていただきたいこと 10選 一歳半で・・

多くのお母さんたちは、自然と子供は育つものと勘違いしています。

この子供たちが成長すると、
6歳くらいから急に病気しやすくなるのです。
早い子供さんは、4歳くらいから。。

口呼吸の影響は、まず多動、おとなしすぎるなどの大人と同じ症状がではじめます。
疲れやすい、すぐに息切れする、、気が短い。。やる気が無い。。

最も現れるのは眼力と言われる目の表情です。
いわゆる、トロンとしている目とか、下を向いてばかり居るとか。。

今までは性格だからと。。。
勘違いしてきただけです

ゼロ歳からのスキンシップは、
様々な表情を顔で表すこと。。
口元を大きく動かす
くすぐる、触れる、等様々なアプローチで反射機能を育てて、あげることです。
口の中を触れる、上顎口蓋でスポットと言われる場所を育てるように触れる

頚椎がほとんどの子供さんがストレートネックに近くなっています。
これは母胎内のときのお母さんの姿勢にもよります。
股関節の状態と大きく関係しています
脊柱は頭からおしりまで結びつき、
コアリンクと言われる脳脊髄液の流れがS字状カーブと言われる脊柱の形状です
現代生活で、得に座る姿勢で、この脊柱の問題が起きてしまいます。
子供たちに触れることは、この脊柱の発育、しいては歯並びとしては上顎の発育、
そして目、鼻の発育に大きく関係するのです。

姿勢が顔つくり、アンチエイジングに関わることは今や常識になっています。
姿勢咬合は、川邉がゼロ歳からの姿勢と咬み合わせの教育システムをつくろうと30年間予防歯科医療を貫いてきました。

歯並びや姿勢が悪いお子さんをお持ちですか?

未来歯科では、お子様の成長を姿勢や、口の中からサポートします。

  1. お子様の歯並びが気になる

  2. お子様の姿勢が気になる

  3. 口がぽかんと開いている


これらのいずれかが気になる方はぜひ一度ご相談ください。

きっと、お子様の未来につながる知識が得られますよ。

TEL:03-6273-3678

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?