気道確保が歯並びの治療で最も大事です。

息を止めて5分生存している方は、少ないと思います。
無呼吸とは、この息が止まってしまう、気道が舌によって閉鎖されてしまっている現象を言いますが、気道そのものが狭くなってしまっているのが、歯並びの悪さです。

12歳以降になると抜歯矯正が必要だとお話していますが、この気道の問題が解決できるのは、3歳から遅くとも8歳までに始めることです。

鼻が詰まっていたら、風邪ひきやすかったら、
インフルにかかってしまったら。。歯並びが悪かったら、、

口呼吸だと考えてください。
その原因が気道が狭くなってしまう姿勢の継続によって起こっているのです。。成長期をうまく使ってあげる矯正は、これから主流になります。

これからの子どもたちは家族も一緒にトレーニングしましょう。
子どもたちは生活の中に取り込んで成長しますが、
12歳までに少なくとも4年間は、トレーニングする必要があります。

大人はトレーニングを続けないと成長がありませんから
姿勢の中に取り込むことが難しくなっています。

ゼロ歳から3歳、3歳から8歳まで。。に始めて
目がしっかりキラキラと輝いて
目標は元気で、笑顔が素敵な人生を歩んでいただくために
予防矯正と言われるトレーニングを始めましょう

歯並びや姿勢が悪いお子さんをお持ちですか?

未来歯科では、お子様の成長を姿勢や、口の中からサポートします。

  1. お子様の歯並びが気になる

  2. お子様の姿勢が気になる

  3. 口がぽかんと開いている


これらのいずれかが気になる方はぜひ一度ご相談ください。

きっと、お子様の未来につながる知識が得られますよ。

TEL:03-6273-3678

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?