初めての平日コース 姿勢咬合セミナー始まりました。

姿勢咬合セミナーでははじめての平日の水、木セミナー
6日間コースの最初が始まりました。

はじめての方も、再受講の方もいらっしゃいます。
告知してそんなに日にちが、なかったのに
これだけの歯科関係の方がいらっしゃいました。

ただ、今回は、お一人は理学療法士の方
そんな理学療法士の方にも
理解できるようにするのが
最近の姿勢咬合セミナー

もちろん、理学療法士の方にも、臨床で
使っていただけることと、器具、知識は、いっぱいです。
二日間でも、全く消化できないほどのトレーニングがあります。

ですから、最近の姿勢咬合セミナーでは
セミナー受講の先生方に
実際に臨床に手伝いに来ていただき、
トレーニングを行って頂くという
コースもできています。

トレーニングは、大人では
すぐに結果がわかるから面白いですね。

すべて反射を使っていますから
今回は、
いわゆる顎偏位症という方が業者で初めての方が
当日いらっしゃいました。
先生方が見ている間に
その場で、デンタルチェアーで体験してもらいます。

もちろん、毎日自身で行って頂くことばかりです。
口腔内マッサージに意味をもたせます。
反射は、顔面のテープ、手のテープなどを使いました。
顎位が、下前方に誘導できるのは
もちろんアプライアンスでもできますが
反射を使い、併用することで
大きく、早期に変化し始めます。
舌のマニュピレーションも併用し
次に数種類の歯根膜反射を使い顎位の誘導
顎位は一気に筋肉の機能が変わりますから
陽動されます。
右と左と明らかに顔の形が違うのに
数分後には、随分改善され
しっかりと噛めるようになりました。

次回は、
毎日行って頂くことを数回に分けて伝えていきます。
日常生活の姿勢、習慣というパターンが作り出した
歯並びですから、
良くするのは、このパターンを認識し、
分析し、行動に変えるというパターンを作り上げることです。

今まで悩んでいたことが。。
こんなに良くなってしまうなんてと。。
次の日には元気なお顔でいらしていただきました。

なんと、4コマ漫画が得意というこの方
4コマ漫画に描けるかも。。。と・・

そして、ある方は、顔の反射区にテープを貼り
15分後から
私膝が良くなりました
今までずっと悩んで来たのに。。
と。。
顔なのに、膝と。。皆様も!
でも、当然なことですと
足の角度と
顎関節
噛合せのことも
体験していただきました。

子どもたちの成長をしるということは
対応が早期であれば
現在のいわゆる、病気の多くは防げるということになります。

食事だけでなく
噛むという行動、機能を考え
顔という一つの結果から逆算する
そして体型という今までの経過を表す姿から
噛合せを診ていく。。

子供だけのセミナーではなく
大人たちに体験してもらうことで
咬合という
歯並び、口腔のボリュームの意味
そして性格という問題がどこから始まるのか
この社会は、心理学では
アフォーダンスという理論により解明される
ある一定の条件を与えると人の行動は
ある一定の条件で行われるという心理
というよりも行動パターン
姿勢から、行動パターンの認識を行うことで
本来は、診療が行わるべきですが、

今までは、そこに虫歯があるから
歯周病があるから
顎関節症だからと、
テクニックと、治療をを解剖学的な見地から行ってきたのですが、

姿勢咬合は、
今までにない、姿勢反射という
姿勢が、様々な機能の結果としての形をなしているという概念です。
この機能の決遺族の結果を癖と言う言葉にせず、パターンという言葉に変えることから
姿勢咬合は、治療ではなく、教育、そして個人の姿勢を家族、コミュニティーとの
関連で良くしていくという方向性をもったのです。

より良い、状態に変える
ちょっと意識する姿勢をする。
その意識をする回数を増やす。
これが成長と発達を教育するという姿勢咬合の
最も求めるべき姿となったのです。

咬合を教育レベルで
意識レベルを向上させるパターンを作り出す。
そのためには、現在のパターンを認識する医療人からの
パターンの認識による、教育、トレーニングが行われるのです。

そんなパターンの認識と、
トレーニングで
すぐに改善が期待できるのですから
子どもたちは、一ヶ月後までにそのトレーニングを
親子で行うことで、成長するのです。

そんな事実と、現実を
みて体験するのが姿勢咬合のセミナーです。

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?