ゼロ歳からの子育て予防教室 始まりました。

ゼロ歳からの予防教室
始まりました。

多くは歯科関係の方々ですが
一般の方の参加が
1/3程度でした。
今回は妊娠中の方も三人

このセミナーは
一般の方々に知っていただきたい
セミナーです。

子どもたちの成長
早期に知っておくべきこと

成長って
最初は部分が全体へと
反射機能が変わる
原始反射はそれぞれの意味をもち
正常に成長しているのかを診断する上でも
大きな手がかりになります。

今まで
子どもたちは勝手に成長すると言われてきました。
でもその勝手に成長するということが
大きな問題になっているのです。

この問題が、お母さんたちを悩ませたり
そして後で大きな問題を作り上げる原因になってしまっていることすら
伝えられてこなかったのです。

教育としての
子育て
その子育ての未来にあるものが
見えることで
今、何をしたら良いのかを学習してもらいました。

歯科関係の方は、
口腔のボリュームがどのようにして出来上がるのか
咬合平面ってどうしてできるのか
その上下の咬合平面の問題が
中顔面の發育と
呼吸と、嚥下の問題と大きく関わっているということを
実際にビデオと、
そして、座り病という
同じ姿勢をし続けないという
姿勢という大きな重力の力で出来上がった結果を
どのように分析するのか
内容に組み込んで起きました。

そんなことを最初に学んでいただきました。
妊娠中の方には座り方一つで
腰痛の痛みも軽減し
赤ちゃんの状態も変わることを
姿勢咬合の座り方から
ちょっとだけ体験してもらいました。

子どもたちの成長は、できることをできるようにして
できないという言葉で、ごまかさないように
成長を楽しんもらう

真剣な子供と親の付き合い

お違いに体力気力を向上させる
子育ての必要性を
ただ、溺愛するのではなく

できるのを近くから見守ってあげるということから
目が見える範囲を
カメラという大きな目(動物は目で会話する)に対しての行動パターンで
判断していくという方法も
観ていただきました。

人見知りという成長を止めてしまう行動が
どのようにして生まれるのかを理解してもらえば
親に対しての認識ができないパターンが人見知りだと理解できるので。

今までとは全く逆の概念が
今子育ての現場で必要になっているのです。

子どもたちの成長というメカニズムを知れば
子育ては大きく変化します。

子供の問題だと思っていたことが
実は親の問題がそのまま反映されいいることを
理解すると
いかにコミュニティーで、子どもたちを育てていくことが必要かが
わかってきます。

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?