口をしっかり大きく開くだけで、これだけきれいな喉になりました

どうして、今の子供達は、矯正しても
永久歯の一番奥の歯の傾斜が悪いのか

そんな問題に対しての
成長からは
気道という呼吸に最も大きく関係する場所に
唇をしっかり開くという口輪筋のトレーニング併用で

舌をしっかり動かすことができ、
声帯が大きく一つずつの母音を長く発生することで
横隔膜呼吸のトレーニングができるのです。

この様にしっかりと口を開くだけで
きれいな口蓋扁桃がみられ
口蓋が上がり、
口は息を吸う場所ではなく
息を吐く
つまり
発声する場所だということを
機能させながら
意識させます。

トレーニング法は、以前ブログに載せましたので
また見て下さい

毎日、行うことで
ここまで口を大きく開くだけで
口蓋扁桃のきれいな状態が
見られる様になり

発音がはっきりして
同時に鼻での呼吸がしやすくなります、

歯並びの矯正で、歯並びの問題も
一番奥の歯の傾きが治りにくいのか
この気道の成長に大きく関係しています。

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?