5歳になると、なぜ、噛んで食べられないのか、どうして親の言うことを聞かないのか

小学校に上る前の5歳位
早い子供で、3歳位で
お母さんたちは

幼稚園、保育園で
こんな事を三大の悩みとして捉えるようです。

1.食べない、食べられない
2.親の言うことを聞かない
3.、じっとしていられない

と、
先生から聞きました。

私たちは
立ち上がる一歳くらいからは
口腔もですが、
足の着地の状態も
靴も診ていきます。

つま先立ち
ちょっとおかしいと思ったら

立っているのがかがみ指
左足の親指が
上がっていますよね。

つま先立ちは、
足の指がちょっとパーの手のひらと同じように開くのが正解です。

一歳くらいの立ち上がるときに
親が抱かないで
立っていて
つま先立ちをよくするように
待っていると
この姿勢がよくなります、

かがみ指は
子どもたちのコミュニケーションで
笑っている時間が少ない
子どもたちは一日2,時間は、笑うのが普通
大人も。。。
この時間が無いと
こころと体は歪出します。

一歳半くらいの
この頃は雑巾がけをさせてあげれば
指で蹴ることを覚えます。

そして、ブクブクをしっかりさせる

5歳近くになると
歯の間がしっかり開いていて
前歯二本分の空隙ができるのが
口の中としては成長していることになります、

この成長していることが発達していることになります、
まずは、この5歳という時期に歯の間の空隙が狭い場合には
呼吸と飲み込みの姿勢、成長
そして、発音を大きくさせる
一歳半から始まる
親離れ(自分で日常生活が何でもできるようになっていること)が、
ほとんど出来ているということですので

この時期に上記の3つの問題があるということは
歯並びの問題、口腔というボリュームが成長していないことになるので
成長を見てくれて、トレーニングに応じてくれる
予防歯科を選んでくください。

ゼロ歳からのトレーニングで
早い子どもたちでは
生後、
二歳半で、歯並びに置いては
この問題の解決を行っているのです。


そして三歳になったら
3つの項目は
躾として
出来上がってくるのです。

そして、3歳の子どもたちが
4歳くらいの
新しい子どもたちに
指導をし始めるのです。

この女性自身に載せた
3歳でできる
子どもたちの10箇条
は、未だ5歳になっても出来ない子どもたちばかりです。

そして、出来ない子どもたちは
6歳になるころになると
やはり
歯並びにも、
目も、鼻も、耳にも問題が出始めているのです。

口腔内ボリュームを成長し、発達させることは
正常な発育を育む口腔の教育と、トレーニングの
人生での最初の歯科医院へのスタートに
することは、生涯の教育を楽しむことになる
スタートになります。

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?