【教えて、かわべ先生】どうして、姿勢が、歯並びと関係するの

発音異常
味覚障害
排便障害
内臓下垂

そして、口呼吸
嚥下困難

視力障害
鼻疾患

糖尿病と口腔疾患と全身との関係は
大きい

重心を測定する器具で
測定すると
殆どの子どもたちは、
後方姿勢
後ろに重心がかかっていいる

姿勢がよく、口腔が、正常に発育している子どもたちの
足底重心は
なんと、前方に80%、後方に20%

子ども成長矯正がうまくいっている
子どもたちも、前方に重心がかかっていいる

そのときの子どもたちは
マルケンBANBANで
最低で30度
二台のマルケンBANBANを組み合わせた
35度の角度に軽々と乗れるようになっているのです。

姿勢で
舌位置が大きく変わるって
誰もお母さんたちは
今まで知らなかったことですが。。

姿勢を良くして
正しく立つと
なんと少なくとも
必ず、前方重心になっている

姿勢で口腔内ボリュームは変わる

姿勢の良い不良はいません

姿勢は、未来の社会性である
態度と、言葉に大きく現れるのです。

さあ、歯科医院で姿勢を診て
口腔を診てもらいましょう。

本来の矯正
本来のアンチエイジング

姿勢に大きく関係していること、
おわかりになりますよね。

姿勢教育と口腔教育を継続すること
現在の最先端の予防は
口腔内ボリュームを
姿勢から診ています。

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?