口の開け閉めの癖をちょっと変えるだけで、これだけの部分の痛みが一気に良くなる

痛みに対しての
姿勢で、以前出産もみんな楽になる姿勢があることを
オープンハート姿勢ということで紹介してきた

かわべ歯科の、歴史でも、未来歯科の歴史でも
どんな深い虫歯も
麻酔を使うことは殆ど無い
痛みを姿勢一つで、感じなくしてしまうのだから。。

逆に顎の動きを変えることで
禁食新部位と言われる診断部位の痛みは
瞬時に良くなる

診断も治療は
同時に行われるべきだが
その意味を
日常の姿勢にもって生き
毎日の生活習慣に
新しい、良い姿勢の癖をつけてもらうこと

この良い姿勢を意識を持ってしてもらうこと
その回数、生活習慣に取り込むまで
日常にしてもらうことが
歯並びの矯正の目的であり
噛みあわせの目的でもある。

私たちは日本人は
意味も無く、歯を削り
原因がわからないまま
健康と歯を失ってきた

子どもたちの成長を
うまく発育させることは
医療の大きな目的であり
病気になる必要性の無い世界を創造することが
医療のゴール

 

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?