障害があってもゼロ歳からの子供成長矯正なら、教育としての矯正だから、虫歯も歯並びも問題が少なくなる

障害をもっていらっしゃる子供さんたちも
歯が生える前の生後数ヶ月からなら

予防を行っている歯科医院は、
授乳、抱き方、寝かせ方、口腔管理
などの親の教育としての姿勢、口腔管理を指導します。

子供の問題を親の教育から
親の態度から、始めていきます。

できれば、歯並び、虫歯の問題がある女性は
妊娠前から、予防を行うことで
健康な子供さんをつくる方向性を持ち始めます。

また、一人目で、障害があった場合でも
姿勢と口腔管理を正しく行い続けることで
次の子供さんに障害が起こる可能性が少なくなるという事も
口腔内細菌の研究と全身との研究でも
最近では言われる様になってきました。

予防とは、病気の治療ではありませんので
三歳までは、親の躾として姿勢、口腔管理も親子で行うのが通常です。、

問題は親が、子供の問題を子供だけの問題だと思っていることと
この子は。。こういう子です。というセルフイメージを作ってしまうと
子どもたちの成長には大きく影響するのです。

子どもたちを頑張れる
頑張って喜ぶ、
頑張ったら楽しいを連鎖させる
未来を作り上げる
家族の教育が予防です。
(最近、ゼロ次予防、一次予防と言われる予防です。治療を行ってからの二次予防とは大きく方向性が違います。)

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?