100万ドルの笑顔のために5 脊柱湾曲症8歳までの対応

姿勢咬合セミナーでは、子どもたちの歯並びの問題を起こす
原因となる姿勢をトレーニングする方法を870以上
25年間のセミナーの間に、伝えてきました。

姿勢咬合が一度でも同じセミナーが無いと言われるのは
そのためです。。

ただし、メインとなる教育としての身体の使い方
呼吸と嚥下のトレーニングは、独自の方法は毎回指導しています。

そんななかで、以前には、【身長伸ばしダイエット マキノ出版】
という本にも載せた方法は、
子どもたちの脊柱湾曲症に対して
犬歯が生える前までなら
かなりの有効性があります。

大人でも、殆どの方が脊柱の曲がりが大きく
内臓が圧迫されています。
この状態として、背中にお肉がついてくるという症状が出ます。
脊柱動物で、背中側にお肉がつくようなみっともない動物は居ません
もちろん口呼吸もありません。
その対策として、この様に かわべ式身長伸ばし・・
前に曲げて、背中を伸ばすように。(身体を曲げると背中が伸びます。背中をそると縮みます。老人は、床に落ちたものを拾うことができなくなるという背中が後ろに曲がってしまっている反り腰の変形版です。前に出ているのは顎だけです。)
かわべ式でなでてあげる。。
そして身体を戻して、もう一度身体を前に曲げる途中で、左脇腹をくすぐり、笑って頂く。。つまり声をだすことで、呑気を吐ききる。。そしてもう二度身体を曲げて背中を伸ばして、顎から戻すという動作を繰り返し
立ち上がると。。身長は数センチ伸びる。。そして脊柱のS字カーブが整うために
背中のお肉が、優しく無くなる。。呑気がお腹から無くなるために、胸郭が広がるそのために女性はバストアップがはかれるという

身長が伸びるというよりも、脊柱のS字カーブが変形したために、内臓が圧迫されているのを戻すという方法。。

この方法を2週間も続けて家族で行っていただくと
脊柱の問題の湾曲症が、筋肉のコントロールで改善されることが多い

毎回姿勢咬合セミナーでは全員が行って頂き、
全員が身長が伸び、全員が背中がすっきりし、呼吸が楽になるのを体験して頂く

こんな事で、8歳までの子どもたちの脊柱湾曲症と言われる
筋肉の使い方の異常を教育としての呼吸と姿勢のトレーニングで改善してきた

半年前にも、脊柱湾曲症で、手術をしなくてはならずに
手術の費用が多額にかかるということで
歯並びのMRC矯正が出来ないという子供さんが
その場から改善し、二週間後には正常な脊柱になり
MRC矯正システムに弟さんも一緒に始めてくれたのです・・

不思議でもなく、当然な親の愛情としてのトレーニングを指導しただけ。。。

姿勢咬合セミナーでは、教育を受けた歯科医師が
ちょっとしたことでこんなに変わったということを
セミナーの後に報告してくれる

多くの成長の問題を教育としての予防歯科医療で対応していく
もちろん大人の問題も同じ。。。

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?