『疳の虫』お口の中の教育・・・歯科医療は口腔ボリュームの改善が全てです 【2】

成長過程において
夜泣き、癇癪持ち
などがあることを疳の虫が強いとか言われますが..

ゼロ歳から、一歳半までは
以前にも成長曲線でお話した
呼吸不全を起こしての逆式呼吸という
呼吸と嚥下の関係で怒っている状態で泣いているのですから

この時期は丸めだき、マルケンピローで対応すると
早期に夜泣きも無くなりますが..

三歳くらいになって
この習癖がある子どもたちの
呼吸と、飲み込みの問題の解決に
口呼吸が鼻で呼吸できるようになると
この問題がほとんど良くなっていきます.

写真は、疳の虫をなだめているところです.
実際に、肋骨のあたりに瘤の様なつぶが数カ所によく見られます.
呼吸がしやすくなるように姿勢を整え、
なだめるように、優しく触れると
泣き止み、フーっと、息を吐く動作をします.
息をしっかり吐くことができるようになると、
この症状は良くなっていきます.
お母さんたちも、不思議に思われますが..

機能的な矯正は、こんなことまで改善していきます.

疳の虫は、過換気症候群
との関係が大きく
姿勢が悪いために機能的残気量が増え、
呼吸が浅く、
血流の不全も招いているようです.

 

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?