添い寝の問題に対しての世界観

乳児の添い寝の問題..以前も描かせていただきましたが、

授乳の姿勢での呼吸と、飲み込みの問題とともに

こんなに大きな問題もあるのですね.

 http://jp.sciencenewsline.com/articles/2014092315570033.html

親が乳児といっしょに寝る「ベッドシェアリング」の問題を解決するためには

September 23, 2014.

母親が乳児といっしょの場所を共有して寝るという「ベッドシェアリング」は乳児にとっては健康上のリスクが伴うにも関わらず世界中で広く行われている。 University of Georgiaの研究成果により、公衆衛生機関が適切な広報活動を行うことによりこうした危険な行為は防ぐことができることが判った。

そしてUGAのTrina Salm Wardはこの研究成果を学術専門誌「Maternal and Child Health Journal」を通じて発表した。

ベッドシェアリングの最大の問題点は、米国における乳児の死亡原因の第3位となっている幼児突然死症候群(sudden infant death syndrome)の原因となることにある。

彼女による研究の結果から、母親がベッドシェアリングを行うのは、母乳育児、心理的な安心感、監視、乳児によりよい睡眠をさせるため、家族の絆を強めるため、といった理由があることが判った。母親はこのように多くの理由でベッドシェアリングを行っているため、問題を解決することは複雑なことだと彼女は述べる。

「米国小児科学会(American Academy of Pediatrics)は母親に対して単に乳児とはベッドシェアリングはしないように推奨している」とSalm Wardは言う。「しかし、我々の研究結果から『単にしてはそれはだめ』だと言っても伝統的につづけられている母親によるベッドシェアリングの問題を解決する手がかりにはならない。そういうような方法論ではなく、より適切な悪い習慣をなくすための手段が必要となるのです。」

原文 (English)

Source Reference: University of Georgia, “Mother-infant Bed Sharing Messaging Should Be Tailored, According to UGA Researcher”.

 

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?