未来歯科MECルームの秘密3 お母さんが知識と行動を理解することから始めましょう

一歳くらいになると
立ち始めます。膝てハイハイから立ち始めた子どもたちは、
それまでの成長の問題をこの時点で大きく反映されます。

この状態で気づいてくれれば、まだ良いのですが。。

この頃、お母さんそれまての影響で、身体には様々な問題が生じています.
口呼吸が、姿勢によって起こるとわかるのもこの時期が多いようです.

実際には生後3ヶ月までの抱き方.寝かせ方などが口呼吸には大きく影響を与えます.
口呼吸、姿勢に影響する股関節の問題も

生後3ヶ月前から6ヶ月の時期の抱き方が頭と頸が保護されずに抱かれているために、赤ん坊の頃から顎が上がり
頭がシャッフルされているおんぶ紐、だっこひもが多い.
股関節が開いたままで、おむつがされている、
股関節開きっぱなしで、お尻が持ち上げるようにしてホールドされていない
などで、脳脊髄液の流れが大きく妨げられる姿勢を親の姿勢によって作り上げられている

この時期の子どもたちに対しての口呼吸の特徴的な、授乳姿勢、
泣き方、顔の形状があることが、説明するとだれでもわかる形状を作り上げている

姿勢と噛み合わせの関係は、
母胎内から始まり、出産後、生後3ヶ月まで
三ヶ月から6ヶ月、そして6ヶ月から、一年・・・
とそれぞれ、歯科医師は、診る目を養う必要があります.

その問題は、顔の形状、視力、聴力、頭の形状、呼吸、嚥下、消化、排泄、等様々な方向から
観察する必要があります、

問題は、MRCルームが画期的に筋機能トレーニング
MRCルームは、5歳から8歳くらいまでに他人数、で呼吸と嚥下に関する
レーニングしやすくする場所とともに、子どもたちの自然な態度、行動を観察し
成長を楽しんで頂くためにも存在します.

一歳半くらいまでは、
お母さんの姿勢、家族の姿勢が大きく影響されます.

保育園に行くようになると
なぜか他の子供達の変な癖を真似して悪い癖を作り上げて行くことも多いようです.

呼吸と嚥下の問題は、
顔の成長の問題と
行動、態度の問題へと変化していきます。

歯並びや姿勢が悪いお子さんをお持ちですか?

未来歯科では、お子様の成長を姿勢や、口の中からサポートします。

  1. お子様の歯並びが気になる

  2. お子様の姿勢が気になる

  3. 口がぽかんと開いている


これらのいずれかが気になる方はぜひ一度ご相談ください。

きっと、お子様の未来につながる知識が得られますよ。

TEL:03-6273-3678

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?