歯並びが悪くなる癖は、顔に現れています。 MRCこども矯正システム 10選の4 鼻で呼吸するということ

この歯は、タバコでも、烏龍茶の様な着色ではなく

テトラサイクリン系と言われる抗生物質によって永久歯の色が変わってしまったのです
悩まれる方も多く、

その原因が、赤ちゃんの時の風邪薬なんです。
口呼吸の子供さんは歯並びばかりでなく、風邪もひきやすくなります。
赤ちゃんに安全だということで投与される薬が
永久歯に影響をあたえるのです。。

呼吸の問題と嚥下の問題は
糖化と酸化にも大きく関わり
全身の先天性と言われる病気にも大きく関わっているのです。

姿勢のトレーニング呼吸のトレーニングが早期から行われる
MRC子供矯正システムは、トレーニングの主体が姿勢、呼吸と飲み込みのトレーニングなのです。
トレーナーという器具を学校から帰ったら一時間から2時間入れて数分のトレーニング
そして夜間、テープを口元に貼ってトレーナーを口の中に入れて鼻で寝ている最中もしっかりと呼吸できるようにトレーニングします。

舌と唇の力のニュートラルゾーンに歯が並ぶという原則にもとづいて行われる各種器具、トレーニングは
早期は、2歳からあります。

その前のゼロ歳から、3歳くらいまでは、
歯科医院に慣れてもらいながら、
これからの子どもたちを取り巻く環境の問題に対しての姿勢の指導と、
家庭での躾を指導していきます。ゼロ歳から3歳までは主に子供よりもお母さん型の協力度を診ていきます。

風邪を引かない、インフルにもならない、
元気で良く笑える
素直な子どもたちを育てる協力をいたします。

そして4歳位からのMRC子供矯正システムでしっかり歯並びを良くします。
将来、抜歯をしたり、ブラケットを入れたり、しないように矯正が行われる
5歳から8歳までに始める矯正のシステムMRC子供矯正システムは、
早期から始めることで、スムースにトレーナーシステムで、
良い歯並び、良い笑顔、ブラケットなし、そして良いお顔立ちを育てていきます。

SNSで最新情報をチェック

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?
 お電話 03-6273-3678
お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?

お子様の歯並び・頭の形でお悩みですか?